5月20日~5月25日までに各自自宅で受験して下さい。

注意!

5月29日または6月5日に英検を受験される方、最終過去問です。 単語、熟語、Raz kids でリスニング力を上げ、英作文も注意されたことを最終確認し、前回の過去問をもう一度みてから受験してください。

 

3級以上の人は、英作文も送信してください。

以下に各級の過去問題を掲載しています。(解答は下にありますが、試験後印刷し、〇✖を付けてください)

自分の受ける級を印刷し、リスニング音源は、英検のサイトから受験してください。(試験内容・過去問 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会 (eiken.or.jp)

筆記はタイマーで時間をセットし(表紙に時間が書いてあります)、時間内に終了してください。

 

受験後は、解答用紙に間違えた問題に✖を打ち、写メを送るか、教室のレッスンの時に持ってきてください。

 

自宅で過去問をやるのが困難な方、不安な方は、1100円で教室で受けることができます。

申し出てください。

ダウンロード
5級.pdf
PDFファイル 2.5 MB
ダウンロード
4級 .pdf
PDFファイル 2.6 MB
ダウンロード
3級.pdf
PDFファイル 1.5 MB
ダウンロード
準2級.pdf
PDFファイル 1'014.0 KB
ダウンロード
準1級.pdf
PDFファイル 1.0 MB
ダウンロード
5級 解答.pdf
PDFファイル 40.6 KB
ダウンロード
4級解答.pdf
PDFファイル 43.0 KB
ダウンロード
3級解答.pdf
PDFファイル 56.0 KB
ダウンロード
準2級解答.pdf
PDFファイル 62.6 KB
ダウンロード
準1級解答.pdf
PDFファイル 63.7 KB

2022年10月英検受験予定の方

英検受験を10月に予定している方は、4月末までに井戸まで連絡ください。また、8月1日ごろ第1回過去問を実施します。それまでにeboardで文法、単語練習、Raz kidsでリスニングを強化しておきましょう!


試験日程




*当日は、トイレを済ませて教室に来てください。

筆箱にHB以上の鉛筆2本と消しゴム2個を必ず入れてきてください。

教室で貸し出すことはありません。鉛筆削りも使用不可となります。

 

また、教室内で飲食はできません。

気を付けてください。

 


英検用自宅学習スタディギアで学習できるようになりました。

日本英語検定協会より試験前の自宅練習用にスタディギアのクーポンが発行されました!

当教室では、英検に向けた練習を行いませんので、各自新規登録して、下記クーポンを入力してご利用ください。

 

スタディギア for EIKEN|英検公式の英語学習サービス (ei-navi.jp)

クーポン EQM473



当校通塾生の受験プラン

 

 当校では、まず英語耳と発音、文字を読むことに集中していますので、中学1年までは、英語の習得が見えづらいですが、中学2年の夏以降大きく伸びていきます!

 

当校では、およそ以下のスケジュールで合格しています。

(個人差はありますが、普段のレッスンのクラスでレベルが下がらなければ、可能です)

 

英検4級 中2の6月

英検3級 中2の1月または中3の6月

英検準2級 中3の6月、10月

英検2級 中3の10月、中3の1月(この頃は高校受験に集中し始めるので、受けない子が多いのですが)、高校1年6月には合格しています。

 

英検準1級 まだ当校から合格者が出ていません。

ここからが一握りの英語を話せる、海外で仕事ができる、英語を操れるようになります!

当校では、ここを目指して、幼少時から英語耳を作り、英語脳を育てています。

 

英検の2級までは、英検対策を行えば、早い段階から合格することができます。

しかし、そういった勉強方法では、子供たちの脳に「この教室に行けば、合格できる!!!」と安易な考え方になります。しかし、(なんでもそうですか、)英検準1級以上まで取るには、本人の日々の努力が必要です。

それは、社会に出てからも必要な姿勢です。

ぜひ、楽しいけれど厳しい当校の学習をご家庭でも応援していただきますよう、よろしくお願いいたします。

 


英検は受験した方がいいの?

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=TOEIC%E3%80%80TOFUL%20IELTS&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=#5b388615d54a2fae4d67712e02666bef6e779cf9c9f8e727986d5c7a743b56c1

日本で広く行われている英語の資格試験は、主に上記の4つがあります。

各自の目的に応じて資格試験を受験していきます。

昨今は、高校入学と同時に年1回の英検試験、大学の推薦入試や一般入試、大学院の受験・推薦、留学審査、就職の履歴書への記載、会社での能力維持やプロモーションなど、様々な場面で英語の資格を問われることが多々あります。

 

これからの子供たちは、資格試験を受けながら自らの能力と可能性をアピールする必要があります。

 


ご質問のある方、いつでも気軽にお問合せください。